『眠る薔薇⑧口づけのあと』

『眠る薔薇』の続きです。前回のお話はこちらです。『眠る薔薇⑦口づけ…』『眠る薔薇⑧口づけのあと』〈ユノ視点〉「ユノと 泊まる~」上機嫌のジェジュン。完全酔っ払いだ。酔ってるジェジュンが可愛かった。ホテルの部屋の中へ入るとジェジュンが「夜景綺麗だ」と喜んだ。ふたりで並んで窓から夜景を眺めた。視線を感じた…ジェジュンが…俺を見てた。潤んだ瞳で…その瞳から目が離せなくて…ジェジュンの顔が近づいて来て…唇が重なっ...

『眠る薔薇⑦口づけ…』

『眠る薔薇』の続きです。前回のお話はこちらです。『眠る薔薇⑥』『眠る薔薇⑦口づけ…』〈ユノ視点〉三次会の店はこじんまりとしたバーだった。皆それぞれ良い具合に酔いもまわってる。各人好きなように過ごした。店の片隅のテーブルにジェジュンと俺は座って…三次会の店に移動してからジェジュンがかなり酔ってるとわかった。俺の腕に寄りかかって来たから…。「ジェジュン、大丈夫か?もう帰るか?送ってくぞ」そう訊ねると「大丈...

『眠る薔薇⑥』

『眠る薔薇』の続きです。前回のお話はこちらです。『眠る薔薇⑤』『眠る薔薇⑥』〈ユノ視点〉ジェジュンをひとりホテルの部屋に残し、自宅へ帰り、スーツから私服へと着替えて友人たちとの待ち合わせ場所に合流した。約束を反故にするわけにも行かず、ジェジュンを置いて、こうしてやって来たのだが、ジェジュンの事が気になって友人たちの会話も上の空だった。学生時代からの友人たちとの溜まり場になっている、親友の経営するカフ...

『眠る薔薇⑤』

『眠る薔薇』の続きです。前回のお話はこちらです。『眠る薔薇④』『眠る薔薇⑤』片想いしている相手ユノと一夜を過ごすと言う夢のような出来事は翌日目を覚ました俺の記憶の中にはいっさい残っておらず、…悔やんでも悔やみきれない。ユノにとっては、酔っ払った俺にキスされるなんて、最悪な夜になったに違いない…。その上、あの男前なユノに恋人が居ないわけがないと言う事に今更ながら気づいてしまった。ユノとのキスは記憶に残っ...

『眠る薔薇④』

『眠る薔薇』の続きです。前回のお話はこちらです。『眠る薔薇③』『眠る薔薇④』ユノが部屋を去ってから、体の怠さもあって、暫く何もせずベッドの上でゆっくりしていた。確かに昨夜は…飲み過ぎた…。2軒目に入った店で、まさかユノが俺の隣の席に座ると思ってなくて、隣に来たユノを…意識しまくって飲んでも飲んでも酒の味なんてしないし、どれだけ飲んでたか自分で覚えがない…。ユノを初めて見たのは、俺が旅行センターの営業から...